酵素を上手に摂る方法

生野菜

人間の体内では消化酵素と代謝酵素が生産されています。消化酵素は食べたものの消化、代謝酵素は解毒・排泄・思考・身体活動などさまざまなことにかかわっています。

 

体内で作れる酵素には限りがあり、一生で生産できる量、1日で生産できる量が決まっています。消化が優先されるので、食べ過ぎや添加物を摂ると消化酵素が優先的に作られ、代謝酵素が減少します。代謝酵素が減少すると、やせにくい、だるい、便秘、肌荒れなどの不調が表れます。

 

酵素は食べ物から摂ることもできます。食べ物に含まれる酵素は食物酵素といい、食べたものの消化を手伝ってくれます。食物酵素を摂ることで体内の消化酵素を節約でき、代謝酵素を増やすことができます。代謝が円滑になるので、美肌、だるさの解消、お通じ改善などの働きがあります。

 

酵素は熱に弱く48度以上の熱を加えると活性が失われるので、食物酵素を摂るには工夫が必要です。生の食べ物で食べやすいのは、野菜、果物、刺身です。日本人は魚離れしてきているし、生臭いのが苦手、刺身は高くて毎日継続して食べられないということがあると思います。おすすめは野菜や果物から酵素を摂る方法です。酵素の働かせるにはビタミンやミネラルも必要なのですが、野菜や果物にはビタミンとミネラルが豊富に含まれています。

 

サラダを食べる場合は、キュウリやレタスなど色が薄い野菜だけでなく、ほうれん草や小松菜など色が濃い野菜も食べましょう。色が濃い野菜の方がビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。小松菜や水菜はクセがないので生で食べやすいです。朝食を果物だけにしたり、おやつに果物を食べると果物の酵素を摂りやすいです。

 

生の野菜と果物はかさがあってたくさん食べるのが大変だと思いますが、スムージーにするとかさが減ってたくさん摂取できます。酵素は細胞壁の中に閉じ込められているのですが、スムージーにすることで細胞壁が壊されて酵素を摂りやすくなります。好きな野菜と果物をミキサーにかけるだけで簡単にスムージーを作れます。野菜や果物の皮はそのまま使いましょう。